食育お話会でお話させていただきました。

10月21日(金)に、柏市の古民家カフェConayaさんで行われたNPOアグリズムの食育お話会で、お話をさせていただきました。

テーマは「自然に気付かされた『めぐり』の話」でした。

弊社では砂漠化防止活動の一環である植林活動と同時に栽培できる植物を原料とした漢方薬味酒の販売を行っておりますが、なぜそこに至ったのか、砂漠化防止活動を見てきて何に気づき、今何を思っているのかなどについて、参加者のみなさんと一緒に意見交換などもしながらお話をしました。古民家カフェを運営しながら食育にも関わられている方、農家に嫁がれ農業に携わっていらっしゃる方、マッサージを通し人々の健康に関わっている方など様々なバックグラウンドをお持ちの皆さんと、「自然」というテーマを通じて共感を深めることができました。

「めぐる」ということは循環するということです。人間の身体も、社会も、不思議なことにうまく循環することで良くなっていくことが多いです。
こういう循環は、実は自然がもともと持っていて、私たち人間もその自然の中で生きてきました。環境問題が取りざたされ、自然がバランスを崩しつつあると言われている今こそ、自然から学べることは多いのではないでしょうか。また、多くの人の知恵と力を合わせて取り組んでいくことも大切だと思います。これからも謙虚な気持ちを持って、自然をよく観察し、自然に学び、その力を生かしていけるような情報と提案を発信していきたいと思います。

参加者の皆様、貴重なお時間を共有させていただきありがとうございました。

img_1658